YAMAHA M-5000 パワーアンプ 標準価格¥900,000税別

特価お見積りいたします
YAMAHA-M-5000

YAMAHA M-5000 パワーアンプ
標準価格:900,000円(税抜き)

カラーバリエーション:SP(シルバー/ピアノブラック)・BP(ブラック/ピアノブラック)

通販特価お見積り商品です 
お見積りフォームよりお問い合わせをお願い致します

【主な特徴】
音楽性表現のさらなる高みを目指して
プリアンプ『C-5000』、パワーアンプ『M-5000』は、総合音楽メーカーのヤマハならではの、真に豊かな音楽体験と深い感動の実現をテーマに開発したセパレート構成のフラッグシップHiFiアンプです。新規開発のコンストラクションと回路設計によって徹底した振動対策と低インピーダンス化を図るとともに、ヤマハの特許技術であるフローティング&バランス方式をプリアンプとパワーアンプのすべての増幅回路*に採用し、全信号経路の完全バランス伝送化を理想的に実現。当社がHiFiコンポーネントづくりで一貫して追求してきた音の開放感やエモーション、タイム感、グルーブ感をベースに、セパレート構成でしか実現できない圧倒的な音場感、より音楽的な低音再生能力を獲得し、オーディオ再生の新たな高みを目指しました。
*『C-5000』のMCヘッドアンプ部はバランス方式。

ヤマハの特許技術、フローティング&バランス方式を極めたHiFiパワーアンプ
・定格出力:100W+100W(8Ω、20Hz~20kHz、0.07% THD、2ch駆動)
・定格出力:200W+200W(4Ω、20Hz~20kHz、0.07% THD, 2ch駆動)
・定格出力:400W(8Ω、20Hz~20kHz、0.07% THD、モノラル駆動)
・パラレルMOS-FET出力段装備のフローティング&バランス・パワーアンプ
・“機構的な接地”に着目したメカニカルグラウンド・コンセプト
・圧倒的な音のスケールを支える大容量トロイダル電源トランス
・ピンポイント支持とプロテクトを両立した真ちゅう削りだしの新構造レッグ
・真ちゅう削りだしの大型スピーカー端子
・比類のない力感と精度感を表現した、フラッグシップにふさわしい外観デザイン

『M-5000』をもっと詳しく!YAMAHA オフィシャルサイトへ

ヤマハフラグシップHiFi 新製品体験イベントでの様子を掲載いたしました

開発テーマ:
家庭で音楽を楽しむ。演奏家の思いを家庭に届けたい。演奏家のこめた思いを伝えたい。
-3- LPプレーヤー→プリアンプ→メインアンプ 全段バランス伝送
製品特色:
1) プリ、パワーアンプは、鉄製のシャーシーにして、音を落ち着かせる。シャーシーの強度は、立体構造にして出す。足の位置は最適な位置を探す。振動を止めるとき、ダンプ材は使用しない。足は真鍮削り出しで、スパイク構造。パワーアンプのトランスの巻き線の末端は、そのまま出す。大出力の所ははんだ付けしない。圧着止め。 
CD再生
1) カウントベイシー カンサスシテー 7 (エソテリック SACD盤) オー レディ ビー グッド  ピアノ生き生き、ベースは弾む ボリューム感出る。金属音よくでる。ブロー感出る。トランペット音、生生しい。

詳しくは 試聴レポート 2018年11月(1)号へ

YAMAHA 5000シリーズ試聴レポートを掲載いたしました

機材特色:
GT-5000 クオーツ制御した正弦波をACモーターに送り、ベルトドライブで350mm径のターンテーブルを回す。レコードのカッティングヘッドと近似の動きをするトーンアームを採用。C-5000、M-5000 鉄製のシャーシーを採用。 片チャンネルの基板ともう一つの基板を背中合わせにし、アースラインと振動モードを取りやすくした。トランスの巻き線の末端や、高電圧がかかる所は、圧着構造とし、ハンダを排除。スパイク構造の足使用。NS-5000 ザイロン繊維に金属蒸着した振動版を使い、共振点を持たず、恐ろしく反応性の高いスピーカー。ツイーター、ミッドレンジ、ウーファーを同一の素材使用。今回は、CD,アナログプレーヤーからプリ、パワーまで、全段バランス接続。

詳しくは 試聴レポート 2018年11月(2)号へ