2018年11月-1レポート

プリアンプ C-5000

店内の展示機器を試聴されたお客様から試聴機の感想をいただきましたのでご紹介させて頂きます。店内展示機器は常時試聴できますので是非ご来店ください。なお、掲載内容は実際にお聞きいただいたお客様個人の印象で全てを保証するものではありません。

ヤマハフラグシップHiFi 新製品体験イベント レポートご紹介

レポート内容

去る11月2日(金)3日(土)の2日間、店内会場にてヤマハフラグシップHiFi&AV新製品体験イベントを開催しました。その中で講師井上誠治氏解説によるHiFi体験会に参加いただいたお客様のレポートをご紹介いたします。
■■ 2018年11月2日(金)3日(土) AV BOX店内二階イベント会場  講師 井上誠治氏 参加人数 約20名 ■■

-1- 機材

プリアンプ C-5000 標準価格: 900,000 円(税抜) 2018年12月 発売
パワーアンプ M-5000 標準価格: 900,000 円(税抜) 2018年12月 発売
アナログターンテーブル GT-5000 標準価格: 600,000 円(税抜) 2019年4月 発売
CDプレーヤー CD-S3000 標準価格: 430,000 円(税抜)
スピーカーシステム NS-5000 標準価格: 1,500,000 円(ペア税抜)

-2- 開発テーマ

家庭で音楽を楽しむ。演奏家の思いを家庭に届けたい。演奏家のこめた思いを伝えたい。

-3- LPプレーヤー→プリアンプ→メインアンプ 全段バランス伝送

製品特色
1) プリ、パワーアンプは、鉄製のシャーシーにして、音を落ち着かせる。シャーシーの強度は、立体構造にして出す。足の位置は最適な位置を探す。振動を止めるとき、ダンプ材は使用しない。足は真鍮削り出しで、スパイク構造。パワーアンプのトランスの巻き線の末端は、そのまま出す。大出力の所ははんだ付けしない。圧着止め。 
CD再生
1) カウントベイシー カンサスシテー 7 (エソテリック SACD盤) オー レディ ビー グッド  ピアノ生き生き、ベースは弾む ボリューム感出る。金属音よくでる。ブロー感出る。トランペット音、生生しい。

-4- プリアンプ

製品特色
1) 一枚の基板の上に、片チャンネルの部品を全て乗せ、もう一枚は、ひっくり返して、二枚重ねとし(ブックマッチ構造)、アースラインと振動モードを取りやすくした。振動モードが狂うと、音像がモヤモヤとなる。
CD再生
1) 渡辺 貞夫 サダオ プレイズ バッハ 演奏から7年たってから2016年発売  ポル トーダ ア ミーニャ ヴィーダ  自然な感じで良好、細かい息遣いが聞こえてくる。
2) 小菅 優 ベートーベン ピアノソナタ30番  ピアノのレンジ感広い、低音は自然。 

-5- LPプレーヤー 

1) 木製キャビネットは、高密度パーティクルボードの一枚板をくり抜く。ターンテーブルを大きくして、慣性モードを大きくした。インナープラッターは真鍮製で、重さ2kg、メインテーブルは350mm厚のアルミで5.2kg プラッターの重さと、キャビネットの重さの、最適重量比に合わせてある。
2) ベルトドライブ使用
3) 足 特許機器の特許製品を使う。
4) アームをストレートにし、動きを、レコードのカッティングヘッドの動きに近い形にした。レコードへの針圧はものすごく、回転中は、後ろから引っ張られるので、アームをストレートにし、トラッキングエラーの角度をゼロにすると、音に有利になる。アームが短いのは振動が少なくなる。
LP再生
1) ダイアナ クラール ターン アップ ザ クワイエット クラールが従来の歌い方を変えたのと、オンマイクで捕っている。官能的な歌い方で、従来のクールな歌い方とは違っている。 ベースの低音、弦がはじける音が良くでて、厚みあり。
LPプレーヤー
製品特色
1) GT2000は、ダイレクトドライブで、DCモーターの回転を安定させるためサーボをかけたが、音の解放感が無くなる。GT5000は、クウォーツ制御された正弦派で24極2相ACシンクロナスモーターを回転させ、ベルトドライブでターンテーブルを綺麗に回している。
LP再生
1) ナットキング コール WHEN I FALL IN LOVE 古い録音が、生き生きと鳴る。レンジ感広く、高音から低音までよく出る。分解性良く、音像が中央に定位する。
2) キャノンボール アダレイ サムシンエルス 再発盤 綺麗なジャズ、トランペットの質感は良い。
3) 角田 健一バンド チュニジアの夜。明瞭、音の分解性良好。管楽器は生々しい。
4) シャローム デュプレ(ジャクリーヌ デュプレ)チェロ ストラディバリ製チェロ ダヴィドフを弾く。
ハイドン チェロコンチェルト  引き込まれる。
5) グールド ゴールドベルグ変奏曲 使用ピアノ YAMAHA 音の情報量が多く低域がしっかり出る。
6) ストコフスキー ハンガリーラプソディー
※YAMAHA 井上誠治氏は、機器の解説を音楽再生を織り交ぜながら行っているので、そのまま記述しました。

ヤマハフラグシップHiFi 新製品体験イベントレポート

お問合わせ

特価販売価格、試聴に関するお問い合わせなど、お電話・メール・お見積りフォームにてお待ち申し上げます。

試聴レポート一覧ページへ

店舗のご案内

AVBOX店舗へのご案内