展示有:Mark Levinson No5805
プリメインアンプ
標準価格¥850,000税別

特価お見積り
※展示しております。是非、ご来店・ご試聴ください。
Mark Levinson-No5805

Mark Levinson マークレビンソン No5805 インテグレーテッド・アンプ
標準価格 :850,000円(税抜き)

ご購入のご相談お問合せ承ります
お見積りフォームよりお問い合わせをお願い致します

【主な特徴】
アナログラインソースはもちろん、アナログディスクからデジタル・ミュージックファイルやストリーミングまで、あらゆる音楽ソースをMark Levinsonクオリティで再生可能なインテグレーテッドアンプです。プリアンプ部は PureDirect™シグナルパスの設計思想をベースに開発され、フルディスクリート、ダイレクトカップリング、デュアルモノラル・ラインレベルプリアンプ回路を踏襲しています。マークレビンソンの独創的なシングルゲインステージ回路を用い、デジタル制御されたレジスターアレイによるボリューム回路との親和性が高く、極めて高精度でワイドレンジな音質を確保しています。3系統のアナログ入力(XLRバランス1系統、マークレビンソン専用設計のRCA端子を備えたRCAアンバランス2系統)のいずれもが、それぞれ独立したスイッチングリレーを備えています。新規開発されたフォノイコライザー部はNo500シリーズで好評を得ているPure Phono思想を継承し、同様にCR型とNF型を組み合わせたRIAAフィルターを採用しています。パワーアンプ部はフルディスクリート、ダイレクトカップリングを採用したAB級パワーアンプで、サイズを越えた500VAもの容量の電源トランスを用いることで広いダイナミックレンジを確保しています。 電圧増幅段にはNo534で培った技術を踏襲し、2基のハイスピードトランジスターにてA級動作を行うドライバー段と6基のトランジスター(260V,15A)を組み合わせた出力段で構成されています。

【主な仕様】

プリアンプ部 アナログ入力端子 バランス・ライン入力(XLR)×1ペア、アンバランス・ライン入力(RCA)×2ペア、MCフォノ入力(RCA)×1ペア、MMフォノ入力(RCA)×1ペア
ライン入力 インピーダンス バランス(XLR) 20kΩ, アンバランス(RCA)10kΩ、入力感度 53mV RMS(スピーカー出力2.83V RMS、ボリューム最大)、システムゲイン 34.5dB(スピーカー出力、ボリューム最大)
フォノ入力(MM) 負荷抵抗 47kΩ、負荷容量 20、70、120、170pF(選択式)、ゲイン 39dB@1kHz
フォノ入力(MC) 負荷抵抗 37、43、52、62、82、90、110、125、200、250、500、1000Ω(選択式)、負荷容量 100pF、ゲイン 69dB@1kHz
ライン出力 アンバランス・ライン出力(RCA/可変)×1ペア、出力インピーダンス55Ω
ヘッドフォン出力 6.3mmステレオ標準ジャック×1、3.3V RMS以下(30Ω 負荷)、出力インピーダンス2.5Ω以下(20Hz~20kHz)
デジタル入力部 デジタル入力端子 オプティカルS/PDIF×2、同軸S/PDIF入力×1、非同期 USB(USB2.0-B)×1
サンプリング/Bit PCM 32~384kHz/32 bit、DSD(ネイティブ/DoP)DSD64~256(2.8~11.2MHz)
デジタルプロセッシング フルMQA デコーディング、7通りのPCMデジタルフィルター、352.8kHzおよび、384kHzへのアップサンプリング、4通りのDSDデジタルフィルターを選択可能
パワーアンプ部 スピーカー出力端子 バナナプラグ対応大型バインディングポスト
出力 125W RMS/ch@8Ω、20Hz~20kHz、出力インピーダンス 0.098Ω以下(20Hz ~ 10kHz)、周波数レスポンス 2Hz~20kH(z 2Hz~20kHz)、S/N比 103dB以上(20Hz ~ 20kHz、A補正)、全高調波歪+ノイズ : 0.035%以下@1kH(z 125W/8Ω)
総 合 コントロール端子 RS-232 ポート、IRリモート入力、12V DCトリガー入/出力、Ethernetポート
電源/消費電力 100VAC(50/60Hz)/消費電力 スタンバイ0.4W以下(Green)/7W(Power Save)/70W(Normal)、無信号時 120W、8Ω定格出力時500W
外形寸法/重量 高さ 145mm、幅 438mm、奥行 507mm / 重量 28.1kg

『No5805』をもっと詳しく!Mark Levinson オフィシャルサイトへ

【試聴されたお客様の感想】
『Mark Levinson NO.5805+B&W 805』
JPOP 格調高く、穏やかな音。チェロは落ち着いている。 スピーカーが作る演奏空間は普通だが、深み?を感ずる。 声は、やや元気。
JAZZVOCAL 静かで格調高い音。細部の表現に優れる。 ピアノの音は、若干、明るさがのる。低音はあっさりしているが、実存感はある。
JAZZ ボリュームを上げるとジャズの凄みでる。中庸な表現。 ペットは自然で、エネルギー感も感じ、ジャズ喫茶で流れていた古い音に通ずる様。 静かな中にも張りがある。
CLASSICPIANO 音が静けさの中から立ち上がってくる。格調高い。 表現はおとなしめか。B&Wの艶やかさ明るさは、控えめになる様。
CLASSICVIOLIN オーケストラの空間表現は良好、低音のコントロールが良い。 バイオリンが格調高く優しく響くが、つつましやかな雰囲気、どちらかと言えばクラッシック寄り。 音は細やかで、演奏会場で聴いている様な雰囲気。品が良く、凛としている。 高能率で繊細なスピーカーを使い、ボリュームを上げた状態で聴いた方が、本来の良さを感じられそうな印象。
※これは個人の印象であって、全てを保証するものではありません。

続きは試聴レポート2020年1月へ