ELAC SUB2050 サブウーファー 標準価格¥220,000税別

特価お見積りいたします
※こちらの商品はメーカー取り寄せ商品となります。
ELAC-SUB2050

ELAC SUB2050 サブウーファー
標準価格:220,000円(税抜き)

仕上げ: ■ハイグロス・ブラック

通販特価お見積り商品です
お見積りフォームよりお問い合わせをお願い致します

【主な特徴】
驚くほどスマートに使いこなせる。直感的で幅広いデバイスに対応したアプリ・インターフェイス。新しいELACのサブウーファーSUB2050は正に画期的なサブウーハーです。専用のELAC「SUB Control」アプリによりiPhoneやiPad、Android機器とペアリングし、好みにあった調整を簡単に行う事が可能です。このELACのアプリは無料でダウンロードすることができます。新世代のSUBウーファーシリーズのコンパクトなモデルがSUB2050です。しかし、そのサイズに似合わず、300mmのASコーン・ウーファーを搭載、出力500Wを誇るクラスDアンプを搭載しています。
サブウーファーの調整をさらに簡単に。Subfoofer with BLE control
ELACから登場した新たなサブウーファーは、直感的で幅広いデバイスに対応したアプリベースのコントロールを採用し、調整が驚くほど簡単です。サブウーファーはbluetoothによりあなたのiPhone、iPad、Android機器とペアリングされ、簡単な操作で環境に応じたベストな調整を行うことができます。このELAC 「SUB Control」Appは無料でダウンロードでき、特別なネットワーク接続を必要とせずにサブウーファーとダイレクトにつながります。
複雑で扱いにくい調整はいりません。ユーザーがサブウーファーの背面に回り込んで悩む必要がないのです。例えば、ゆっくりと誰にも邪魔されずに低域をきかせて映画を楽しみたいとき、または隣人への気遣いを求められる深夜であっても、このELAC 「SUB Control」アプリのプリセットモードが指先一つでその各状況に応じた設定を自動で行います。モードは、“Normal”、“Music”“Cinema”“Night”の4モードを用意。プロオーディオ機器で採用されているパラメトリック・イコライザー、ローパス・フィルターといった機能も搭載。電源のオートオン/オフの設定もこのアプリで設定が可能です。
新しい2つのサブウーハーにはさらに期的な機能が搭載されました。それがオート・キャリブレーション(自動音場補正)です。
iPhone、iPad、Android機器のマイクを利用し、サブウーハーから発するテスト音声信号を採取。使用する部屋のボリュウム、周波数特性、音の反射量を測定し、アプリが正確にデータを補正し、完璧な調整を自動で行います。
ELAC社は2007年に発表した240LINE以降、「誰もが簡単に理想のサウンドを得られる」スピーカーの開発を行ってきました。それがバスレフポートを下側に放射させたボトム・エミッションであり、ユニット自体の移動を実現させたVX-JETでした。そしてついにサブウーハーにも同じ能力を備える革新的な性能を与える事に成功したのです。
このことは「誰もが簡単に理想のサブウーハー・サウンドを得られる」事を意味しています。
新しいELACのサブウーファーはRCAケーブルによる信号入力に対応するほか、スピーカーケーブルを利用してダイレクトにレフト、ライト、センターのスピーカーと接続が可能です。

【主な仕様】
●形式:アンプ内蔵型サブウーハー(2ウェイ・アクティブ/密閉型)
●ユニット:300mm AS CONE×1
●カットオフ周波数上限:40-150Hz
●周波数特性:19Hz-180Hz
●アンプ部:最大500W
●入力:LFE(RCA)×2、SPEAKER×3
●サイズ:H440×W380×D380mm
●重量:22kg

『SUB2050』をもっと詳しく!ELAC オフィシャルサイトへ