KEF/R7 Meta 試聴レポート

KEF/R7 Meta 試聴レポート

試聴レポート~お客様より~2023年12月(2)

KEF/R7 Meta

KEFは1961年、英国で創業され、数々の名機を送り出して来たオーディオメーカーである。LS3/5A MODEL 104AB MODEL 105/3S BLADE等、低音の締まりと全ての音域の解像力で、オーディオ評論家の推薦スピーカーとなっていた。この所、KEFでは、小型のフルレンジスピーカーに力を入れ、音調は明るさを重視した設計にシフトしているようだが、バーチカルツインのトールボーイ型スピーカーが発売されたので試聴してみた。

技術的特徴

●MAT(metamaterial absorption technology) ツイーター後部に発生するノイズを99%吸収するメカニズム
●ドライバーは、リング状の2つのダイアフラム、ボイスコイル、マグネットで構成され、700hzから40khzまで再生する
●ドライバー MAT搭載第12世代UNI-Q
●UNI-Qのウェーブガイド効果はキャビネットの角の影響を受けないよう設計されている。
●ドライバーはアルミニウムスキンとペーパーコーンで構成され、クリーンで深みのある俊敏な低音を再現する
●フレキシブルポートによるクリーンな低音

リファレンス機器

●SACDプレーヤー:ESOTERIC/K-05XD
●プリアンプ:Accuphase/C-2900
●パワーアンプ:Accuphase/A-80

KEF/R7 Meta 試聴

音の印象

カラットした明るい音で、分解性高く、反応は俊敏で、全ての音に滲み(にじみ)や曖昧さは無い。声や楽器の質感を良く表し、木管楽器やドラムのスティック音等、生々しく再現する。ドライバーユニットからは、ホーンのような音が響いてくる。バーチカルツインの構成の為か、定位が非常に明瞭で、歌手、各楽器の立ち位置が目の前に展開する。KEFの音作り(どちらかと言うと高域より)と、ウーファーが165㎜×2の為、重厚な低音は望めず、ズシンとくる音は、KEF R11 Metaの165mm×4が必要になって来る。

KEF/R7 Meta 試聴 KEF/R7 Meta 試聴 KEF/R7 Meta 試聴 KEF/R7 Meta 試聴 KEF/R7 Meta 試聴 KEF/R7 Meta 試聴 KEF/R7 Meta 試聴 KEF/R7 Meta 試聴

ジャンル別試聴

-------------------------
1)手嶌葵 Aoi Worksより さよならの夏
--------------------------
高域よりの音。音色は綺麗で低域も豊か。歌手はまん中に浮かび上がり、コンサートホールで聴いているような臨場感がある。繊細さ、瞬発感、そして明瞭で力強く、存在感のある音。組み合わせるCDプレーヤーによってはしっとり感も出るのではないかと思う。

-------------------------
2)Sinne Eeg Face The Musicより月光のいたずら
--------------------------
力強い音が空間一杯に広がり、定位良好で、ホーンの音を聴いているかのような生々しさがある。音像は明瞭で曖昧な所は無い。高域から低域まで明瞭に再現し、バランスが良い。歪感は感ぜず、躍動的なジャズには良い音場バランス。ジャズの楽しさに満たされる。

-------------------------
3)Manhattan Jazz Orchestra SING SING SINGよりSING SING SING
--------------------------
音の分離や楽器の質感が良く、明瞭で聴きごたえがある。木管楽器の質感がまろやかで良い。音の分解性が高く、俊敏性がある。低音が明瞭で、ビックバンドが迫力に満ちている。演奏会場の眼前で聴いている様。しかし、体に響いてくるような低音の深みは無い。聴いていて、ジャズを、肩肘張らずに堪能でき、楽しい。

-------------------------
4)Beethoven:The Violin Sonatas Sonatas5
--------------------------
明るく明瞭なクラシックだが、品位、落ち着きを損なうものでは無い。レンジは広く、バイオリンとピアノの分離良く、音域のバランスも良く、バイオリニストの技巧、ピアノの伴奏も程よい距離間で楽しく聴けるクラシック。明るく、カラッとした品位ある音。しっとりとした音では無い。しかし、音の厚み存在感も程々に感じ、これも完成された世界だと思う。

-------------------------
5)Mussorgsky 展覧会の絵 よりプロムナード、こびと
--------------------------
非常に分解性高く、やはり、明るくカラットした音。しかし、オーケストラの重厚さ、広がりは感じる。音の分解性は高く、各パートの楽器も明瞭。演奏会場の広がりや奥行きも程々に再現する。各パートの楽器の存在感が生々しく、再現される音楽の旋律も分かりやすく、楽しく聴けるクラシック。爽やかで、重々しい雰囲気では無く、肩肘張らずに楽しめる音。クラシックの尊厳さは十分感じる。

TODAY’SONG

今宵は、トランペッターの「フレディーハバートのオープンセサミ」を聴きます。これはブルーノートに残したデビューアルバムで、まだ、初々しいハバード(22歳)が、のびのびと演奏します。伴奏には個性的な音色のテナーサックス奏者ティナブルックスがサポートします。後期はハイテクニックをひけらかした演奏も見られますが、まだ、一音一音を大切にするように吹き、響き渡るトランペットの音色が、KEFの音に相応しいように感じます。

オープンセサミ レコードジャケット オープンセサミ レコード再生

今週の生花:胡蝶蘭

今年も1年間、AVBOX試聴レポートページをご覧になっていただき、どうもありがとうございました。いい音と共にどうぞ良いお年をお迎えください。

店内フラワーアレンジ

お問合わせ

特価販売価格、試聴に関するお問い合わせなど、お電話・メール・お見積りフォームにてお待ち申し上げます。

試聴レポート一覧ページへ

店舗のご案内

AVBOX店舗へのご案内