TEAC
AX-505
ステレオプリメインアンプ

特価お見積り
TEAC-AX-505

TEAC AX-505 ステレオプリメインアンプ
オープンプライス
カラーバリエーション:■シルバー■ブラック

通販特価お見積り商品です
お見積りフォームよりお問い合わせをお願い致します

【主な特徴】
『AX-505』は、設置面積がわずかA4サイズのコンパクトな筐体に115W+115Wもの高出力を実現したステレオプリメインアンプです。
パワーアンプ部には新たにオランダHypex社製アンプモジュールNcoreを採用。そのエネルギー変換効率の良さから、低消費電力・低発熱で115W+115W(4Ω時、定格出力)を実現するとともに、低ひずみ率、高S/N比のクリアな音質はハイレゾ音源が持つダイナミックかつ繊細な音を確実に描写します。
さらに、グランドセパレート接続に対応したヘッドホンアンプを搭載しており、高品位なヘッドホンリスニング環境をも提供します。
外観でひときわ目を引く2つのレベルメーターは、スペックのみで語られがちな現代のオーディオ装置において音楽を愉しむという本来の目的を叶えます。さらに適度な回転トルクを持ち微細な音量調節が可能なアルミ削りだしのボリュームノブ、静寂性を追求したファンレス設計など、随所に音楽と対峙するためのノウハウを惜しみなく投入しました。
『AX-505』は、ティアックの最新DAC、UD-505やNT-505と組み合わせることでDSD 22.5MHzやPCM 768kHzといったハイスペックなハイレゾ音源が持つポテンシャルを存分に愉しむことができるプリメインアンプです。

【TEAC AX-505をもっと詳しく】

ーー公式サイトページへご案内ーー

DYNAUDIOの新製品「Evoke 10」と「Evoke30」と、発売以降好評の従来品「Special Forty」とTEACの新製品「AX-505」を試聴されたお客様からのレポートを掲載いたしました。

製品特色:
TEAC プリメインアンプAX-505は、今年2月に発売されたデジタルアンプ。HYPEX社のNCOREをパワーユニットに採用し、高能率、高音質を両立している。Special Fortyで聴く音は、分解性高く厚みもあり、エネルギーバランスも優れていて効きごたえある。ただ、アキュフェーズのAB級アンプE-480と比べると低音の量感は少ないが、Special Fortyとは相性の良いアンプと感ずる。

【TEAC AX-505  + Accuphase DP-430 + DYNAUDIO Special Forty使用】
1)平原綾香 「明日」 アキュフェーズE-430より、高音が柔らかくなり、声は聴きやすい。スピーカーサイズとバランスがとれている様な感じ。音は分解性良好で、深みがあり、やはり優しい感じになる。 

詳しくは 試聴レポート2019年3月号へ