OCTAVE オクターブ V80SE インテグレーテッドアンプ

特価お見積りいたします
OCTAVE-V80SE

OCTAVE オクターブ V80SE インテグレーテッドアンプ
標準価格:ラインモデル 1,580,000円(税抜き)
フォノモデル 1,680,000円(税抜き)

ご購入のご相談お問合せ承ります
お見積りフォームよりお問い合わせをお願い致します

【試聴されたお客様の感想】
躍動感があり、音像の分解性高く、艶やかな美音に色づけされている。レンジ感広い。女性ボーカルは、声が明るく、生き生きとしている。柔らかさや温かみ、厚みがある。コントラバスのしっとり感もある。現代型トランジスタアンプの音に近い感じ。ジャズは、躍動感があり、打楽器のアタック感、スピード感や、ベースの押し出し感も表現されるが、柔らかく感じる。ピアノ、ドラムやシンバルは自然、低音の出方、良好。上品、上質なジャズ。バイオリンの音は、しっとりと響く。オーケストラの広がり感が良い。思わず、うっとりする音、音に酔い、聞き疲れしない、長く聞いていられる感じがする。
※これは個人の印象であって、全てを保証するものではありません。

【主な特徴】
OCTAVEのプリメインアンプ中トップに位置するもの
新しいドライバー段、アップグレードされた出力トランス、そして更に洗練されたパワートランス等の技術的特徴を際立たせ、新たなフィードバック技術が絶対的な安定性を獲得しています。ハイエンドのセパレートプリアンプとパワーアンプの組み合わせの代替機としても遜色なく、幅広い種類の入力、RCAとXLRの両方を装備し、プリアンプのフル機能を有します。別途オプションでMMまたはMCフォノボードもご用意。OCTAVE独自の電源供給キャパシタンスアップグレードモジュールBlack BoxまたはSuper Black Boxとの接続コネクタも装備しています。
V80SEはOCTAVE製品の中でもヘッドフォンコネクタを持つ唯一のモデルで、非常に低歪み(<0.008%@200W)で妥協の無い音質のハイグレードのディスクリートヘッドフォンアンプを装備しています。また、ホームシアターバイパス回路でV80SEをホームシアターシステムに統合させることもでき、V80SEの出力を高品質のマルチチャンネルシステムのフロントチャンネルに利用することが可能です。加えて、V80SEにはOCTAVEの革新的な節電回路であるEcomode回路が搭載されており、アンプがONであっても音楽信号が流れていない場合に、発熱と不要な電力消費を軽減させることが可能です。また、革新的な電力管理と保護システムも搭載。全てのOCTAVE製品は電源起動時に突入電流に対し保護されており、真空管の動作電圧への上昇はゆっくりと行うことで、特に真空管など、全パーツの長寿命に一役買っています。

『V80SE』をもっと詳しく!OCTAVE オフィシャルサイトへ

OCTAVE/V80SE
躍動感があり、音像の分解性高く、艶やかな美音に色づけされている。レンジ感広い。女性ボーカルは、声が明るく、生き生きとしている。柔らかさや温かみ、厚みがある。コントラバスのしっとり感もある。現代型トランジスタアンプの音に近い感じ。ジャズは、躍動感があり、打楽器のアタック感、スピード感や、ベースの押し出し感も表現されるが、柔らかく感じる。ピアノ、ドラムやシンバルは自然、低音の出方、良好。上品、上質なジャズ。バイオリンの音は、しっとりと響く。オーケストラの広がり感が良い。思わず、うっとりする音、音に酔い、聞き疲れしない、長く聞いていられる感じがする。
※CDプレーヤー:Pioneer/PD-70AE・スピーカー:YAMAHA/NS-5000でシステムを組んでいます

■OCTAVE/V80SEを含む、店内に展示しているプリメインアンプを3機種試聴していただいた感想を掲載しました。
試聴レポート 2018年5月号へ

※掲載内容は個人の印象であって、全てを保障するものでは有りません