Accuphase E-650 プリメインアンプ

特価お見積りいたします
Accuphase-E-650

Accuphase E-650 プリメインアンプ

標準価格:730,000円(税抜き)

ご購入のご相談お問合せ承ります
お見積りフォームよりお問い合わせをお願い致します

【主な特徴】
E-650は、入力から出力に至るすべての回路で「バランス伝送」を実現した純A級プリメインアンプです。強力な電源部と徹底した出力回路の「低インピーダンス化」により、150W/ch(1Ω音楽信号に限る)の出力とダンピングファクター800を達成。スピーカーが秘めた能力を引き出し、芳醇で味わい深い音楽の世界をお届けします。

【主な仕様】
●定期連続平均出力 30W/ch(8Ω)60W/ch(4Ω)120W/ch(2Ω)150W/ch(1Ω音楽信号)
●周波数特性(1W出力時)3Hz~150kHz +0dB -3dB
●ダンピングファクター 800(EIA 8Ω負荷 50Hz)
●入力感度 DISC:MC 0.126mV DISC:MM 2.5mV HIGH LEVEL:77.7mV MAIN IN:0.617V
●S/N HIGH LEVEL:102dB POWER IN:117dB
●最大外形寸法 465W×191H×428D mm
●質量 25.3kg

『E-650』をもっと詳しく!Accuphase オフィシャルサイトへ

アキュフェーズ製品を試聴されたお客様からのレポートを掲載いたしました。

アキュフェーズ CDプレーヤー DP-560 DP-430 プリメインアンプ E-650 E-470 E-370 E-270 試聴スピーカー YAMAHA NS5000 FOSTEX GX100BJ アキュフェーズの一連の製品は、音の明るさ、明瞭さ等の骨格は共通で、それに、どのように性格を持たせるか、意匠を施すかにかかっている様だ。 1、CDプレーヤー DP-560とDP-430の評価は、プリメインアンプ E-650+NS5000を共通の機材として試聴していますので、それぞれの項目(5,6)を参照して下さい。 2、プリメインアンプ E-270 E-370 E-470はAB級 E-650はA級で、音の性質が異なる。

-5- DP-560+E-650+NS5000
ボリュームコントロールを2回路組み合わせたバランスAAVAと、A級パワー部を持つプリメインアンプ。音は明るく、繊細で、密度高く、厚みや、空間表現を感じ、上級のセパレートアンプと共通の性質を感ずる。声は、明瞭、繊細で、分解性高く、しかも低域が深く、音に厚みがある。艶や余韻も感ずる。ピアノやバイオリンは、上品で、自然な音で落ち着きも感ずる。クラシックでは、演奏会場の空間を感じ、ソロピアノやバイオリンとの一体感が良好。ジャズは、アタック感がでて、凄みを感ずる。上品なジャズ。しかし、アタック感はE470のAB級の方が出る。あらゆるジャンルに適性ある。
-6- DP-430+E-650+NS5000
DP-560と比べると、音の明るさ、明瞭さは共通だが、低音が軽く感じられ、若干腰高になる。 音はDP-560より明瞭で元気良く鳴る。ジャズトリオをバックにした女性ボーカルは一音一音が明瞭で、分離良好。メリハリがあり、一般的には、聴きやすい。ピアノやバイオリンの音も、聴きやすい。空間の広がりは、DP-560の方がでる。ジャズも勢いがある。濃厚なオーケストラや、凄みのジャズよりも、JPOPや歌謡曲、小編成ジャズやクラシックの方が適正あるようだ。

続きは 試聴レポート2018年8月号へ