Accuphase E-270 プリメインアンプ 標準価格¥300,000税別

特価お見積りいたします
Accuphase-E-270

Accuphase E-270 プリメインアンプ
標準価格:300,000円(税抜き)

ご購入のご相談お問合せ承ります
お見積りフォームよりお問い合わせをお願い致します

【主な特徴】
E-270は「AAVA方式ボリューム・コントロール」搭載のインテグレーテッドアンプです。スイッチ一つで簡単にプリ部とパワー部を分離し、それぞれ独立して活用できる「MAIN IN機能」を搭載し、セパレートアンプの性能・音質を極限まで追求、クラスを超える新たなステージを切り開きます。

【主な仕様】
●定期連続平均出力 90W/ch(8Ω両チャンネル動作、20~20,000Hz間、ひずみ率0.05%)
●周波数特性(1W出力時)3Hz~150kHz +0dB -3dB
●ダンピングファクター 400(EIA 8Ω負荷 50Hz)
●入力感度 DISC:MC 0.126mV DISC:MM 2.5mV HIGH LEVEL:134mV MAIN IN:1.07V
●S/N HIGH LEVEL:106dB MAIN IN:122dB
●最大外形寸法 465W×151H×420D mm
●質量 20.0kg

『E-270』をもっと詳しく!Accuphase オフィシャルサイトへ

アキュフェーズ製品を試聴されたお客様からのレポートを掲載いたしました。
アキュフェーズ CDプレーヤー DP-560 DP-430 プリメインアンプ E-650 E-470 E-370 E-270 試聴スピーカー YAMAHA NS5000 FOSTEX GX100BJ アキュフェーズの一連の製品は、音の明るさ、明瞭さ等の骨格は共通で、それに、どのように性格を持たせるか、意匠を施すかにかかっている様だ。 1、CDプレーヤー DP-560とDP-430の評価は、プリメインアンプ E-650+NS5000を共通の機材として試聴していますので、それぞれの項目(5,6)を参照して下さい。 2、プリメインアンプ E-270 E-370 E-470はAB級 E-650はA級で、音の性質が異なる。

-1- DP-560+E-270+NS5000
音が、明るく、元気良く、メリハリがあり、一つ一つの音が分かり易い。低音はたっぷり出る。弦楽器の艶やかさ出る。ジャズの低音のアタック感は出るが、低音に厚みや、重みは無く、軽い感じ。演奏会場の雰囲気や、空気感は上級機種より、一歩後退。音楽ソースとしては、JPOPやロック、小編成クラシック向きか。 
-2- D-P560+E-270+FOSTEX 100BJ (小口径スピーカーでの表現は、と聴いてみた)
YAMAHA NS5000に比べて、おとなしくなり、音の分離もやや後退。上品な感じ。音の分離は良好。スケール感は減少する。女性ボーカルは、上品で静かな感じ。音像は優しく浮かび上がる。チェロや、テナーの低音も濡れたように十分にでる。 クラシックのピアノの余韻は良好。左手の動きも明瞭に出る。オーケストラは、奥行き感あり、静かに上品に響く。バイオリン艶やか。JPOPや小編成ジャズやクラシックに向く。

続きは 試聴レポート2018年8月号へ