TAD M2500MK2 パワーアンプ 標準価格¥1,850,000税別

特価お見積りいたします
TAD-M2500MK2

TAD M2500MK2 パワーアンプ
標準価格:1,850,000円/税抜き

ご購入のご相談・お問合せ承ります
お見積りフォームよりお問い合わせをお願い致します

【主な特徴】
電源回路などのチューニングと、新開発のインシュレーターの採用により音質を向上 「TAD-M2500」の電源回路とスピーカー出力回路を低インピーダンス化し、それぞれの配置構造を見直すことで、配線材や回路などのストレスを解放しました。また、配線を見直すことで伝送路に流れる電流による電磁誘導を低減し、応答性を向上させています。さらに「TAD-D1000MK2」と共通の新開発のインシュレーターを採用し、よりクリアな音を再生します。

対称性を追求した「Duallogic-Circuit Technology」 スピーカーの振動板を正確にドライブするために、正負の電流発生源の完全同一化、回路方式や構造面などあらゆる面での対称性にこだわりました。増幅回路には、入力端子から出力端子まで完全に独立した2台のアンプをバランス接続したBTL方式を採用し、電源回路は、正負電源の対称性のみならず電源トランスから整流回路、安定化回路などすべての電源回路をL/R独立設計としています。また、構造面では、電源トランスの配置や基板のパターン構成だけでなく、配線長まで同一性を考慮したデュアルモノ構造を採用しています。

電力利用率90%以上の高効率特性を達成 リード端子を排除したパワーMOS FETを採用しているクラスD出力段は、電力利用率90%以上の高効率特性を達成しており、電源エネルギーをストレートにスピーカーへ伝えることができます。また、信号の立ち上がりが早く、応答性の良い音を再現します。

大容量電源を搭載 電源にはスイッチングノイズの影響がないトランスドロッパー方式を採用し、電源のS/Nを高めています。また、高品質オリエント材を使用した1kVAクラスのトロイダル型電源トランスは、一次・二次側巻線の強い結合でエネルギー変換ロスを低減します。さらに、専用に開発した大容量33,000μFの電解コンデンサーと高速ショットキーバリアダイオードで構成された整流回路により、クラスDアンプならではのスピード感溢れるダイナミックな音質を実現しています。

【主な仕様】

定格出力 500 W (JEITA、2チャンネル同時駆動、20 Hz ~ 20 kHz、T.H.D. 1.0 %、4 Ω)
定格歪率 0.05 %以下(20 Hz ~ 20 kHz、250 W、4 Ω)
SN比(入力ショート、A ネットワーク) 112 dB 以上
周波数特性 5 Hz ~ 50 kHz、-3 dB

利得(Balance) 29.5 dB
入力端子(感度/インピーダンス) 1.5V/220 kΩ(Balance) / 0.75 V/47 kΩ(Unbalance)
電源電圧 AC100 V、50 Hz /60 Hz
消費電力 250 W (待機時消費電力0.5 W)
外形寸法 (W×H×D) 440 mm× 170 mm × 467 mm
質量 43 kg

『TAD TAD-M2500MK2』をもっと詳しく!TAD オフィシャルサイトへ