Accuphase A-75 パワーアンプ 標準価格¥1,200,000税別

特価お見積りいたします
Accuphase-A-75

Accuphase A-75 パワーアンプ
標準価格:1,200,000円(税抜き)

ご購入のご相談お問合せ承ります ご試聴いただけます
お見積りフォームよりお問い合わせをお願い致します

【主な特徴】
「A-75」は、A-250の卓越したテクノロジーを投入しました。スピーカーのインピーダンスが大きく変動しても、安定したパワーを供給する定電圧駆動を実現します。インスツルメンテーション・アンプ採用により、内部で発生する雑音の除去や歪み率などに優れ、安定度・信頼度が極めて高いです。是非ご試聴ください。ご来店お待ちしております。

【主な仕様】
●定格連続平均出力 120W/ch(4Ω)60W/ch(8Ω)
●ダンピングファクター 1,000
●S/N 122dB(GAIN:MAX)
●最大外形寸法 465W×238H×515Dmm
●質量 43.9kg

『A-75』をもっと詳しく!Accuphase オフィシャルサイトへ

6月1日に開催いたしました「アキュフェーズ&TAD 試聴会」に参加されましたお客様からのレポートが届きましたので掲載いたしました。

ー 使用機材 -
使用機器 アキュフェーズ: CDプレーヤー DP-750、プリメインアンプ C-3850、 メインアンプ A-75、音場補正装置 DG-58、 クリーン電源 PS-1230、 レコードプレーヤー ラックスマン PD-171、 MCカートリッジ AC-6、 フォノイコラーザー C-37 試聴スピーカー TAD: TAD-E1TX

ー 試聴会印象 -
技術の進歩と言うのは罪なものである。我が家のオーディオを聞いて、昨日まで、やっと自分の目指していた音が出来たと感激していたのに、そんな満足感は、置いてきぼりをされてしまった。スイッチを入れた瞬間、プロデューサーが作り上げた、虚構の世界ではあるが、歌手や、ピアニストの、技巧、情熱、曲への思いが、繊細に、大胆に、優しくも、力強くも、再現されてくる。アキュフーズの目指す、低歪と、ノイズの低減が、又、TADの目指す、点音源と反射音を少なくする取り組みが、異次元を作り出している。映像や写真で見た絵画や彫刻の印象とは違い、本物を見たときに感ずるオーラが出ている。この音を再現するのに、駆動系やスピーカーだけでも、高額な出費を要する。しかし、この音に、我が家で浸りたいと思うのは、個人の価値観であり、判断である。又、自分の長年慣れ親しんだ音の中にも、芸術は存在する。それを、想像力で導きだすのも、人間の感性ではないか。そんな、自分の生活のあり方や、価値観、創造力まで考えさせられる試聴会であった。日本のちょっと薄化粧した音作りの中で、芸術を味わえる時間であった。 昔、秋葉原やお茶の水で、とてつもなく高額な、外国製のオーディオを聞いた時、静かな空間の中に、ボーカルや、楽器の演奏が浮かび上がる時間を味わったが、同じものが実現している気がする。 

詳しくは 試聴レポート2019年06月号へ

アキュフェーズ製品を試聴されましたお客様からのレポートが届きましたので掲載いたします。

ー 使用機材 -
アキュフェーズ CDプレーヤー DP-750  プリアンプ C-2850 メインアンプ A-75
スピーカー YAMAHA NS5000 B&W 802D3
機械改良点 • DP750 高剛性、高精度を持たせた構造のCDドライブメカ ESS社のDACを8個並列駆動し、純度の高いアナログ信号に変換する。ひずみ率や雑音、リニアリティー等の特性を大幅に改善。 A- 75 • 前機種より11%のノイズ削減、ダンピングファクターは1,000に向上 上記アキュフェーズの新製品を使用し、スピーカーは常用モニターのYAMAHA と アキュフェーズのモニタースピーカーであるB&Wの聴き比べを行った。
■-1- CDプレーヤー、アンプの特色
 1) S/N比 • S/N比の改善が影響するのか、他の改善が功を奏するのかはわからないが、背景が静かになり、細かな音が浮かび上がってくる。今まで、再現されなかった音が聴こえる。ライブハウスの雰囲気、ピアノの響きや余韻、バイオリンを演奏する指使い等、又、録音状態の良いSACD,CD等はより良く再現される。
 2) 音の自然 • 従来のアキュフェーズは、明るく艶やか、明瞭、繊細とのイメージが強いが、今回の駆動系の音は、濃厚で力強い。一見、細い音から、太い音に変わったとも思われるが、繊細感は十二分にあり、自然の音に近くなったような印象を受ける。ジャズ等の低音のアタック感は生々しい。

詳しくは 試聴レポート2018年10月号へ