LUXMAN L-509Z 特価お問合せ

お見積りフォームへ

LUXMAN
L-509Z
プリメインアンプ
フラグシップモデル

特価お見積り
LUXMAN-L-509Z
在庫切れ

■■価格お見積り商品です!!

一体型アンプの理想を追求した「ワンボディセパレート」思想のネクストステージ
プリアンプとパワーアンプに増幅帰還エンジン″LIFES” を搭載
LUXMAN L-509Z
標準価格:990,000円/税込

-----------------------------------
次世代のアンプ回路を担う高音質・増幅帰還エンジンとして開発された”LIFES”を、ディスクリート構成のプリアンプとパワーアンプの両回路に初めて同時搭載し、プリメインアンプとしてかつてない規模の増幅回路による高次元の音楽性を獲得。音量調節を司る電子制御の高音質アッテネーター機構LECUAは、新たに採用されたロータリーエンコーダーに独自開発の重量回転メカを組み合わせ、これまで以上にスムーズで精緻感のある音量調節を可能としたLECUA-EXへと進化。 強く豊かな音楽性と1台で多機能をまかなうユーティリティ性を理想的なバランスで両立したプリメインアンプ。
-----------------------------------

■送料のご案内:無料にて承ります。佐川急便にて玄関先でのお渡しとなります。
※沖縄県・離島地域のお客様は送料別途お見積もりさせていただきます。

価格お見積り商品です。お見積りフォームよりお問合せ下さい。

--AVBOXは正規取扱販売店です--

ラックスマンプレミアムショップAVBOX

LUXMAN製品のアフターサービスについて AVBOXはLUXMAN製品「正規取扱店」です。AVBOXよりご購入いただきましたLUXMAN製品は2015年6月15日より無償保証期間を標準の2年に加え、製品の種類により、プラス5 年、またはプラス1年延長する「プレミアム延長保証制度」をご利用いただけます。詳しくはLUXMANオフィシャルサイト「LUXMANプレミアム延長保証制度」をご覧下さい。

【主な特徴】
L-509Zでは、フルディスクリートで構成したプリ部とパワー部のそれぞれに、“LIFES Version 1.0”を同時搭載。ひとつの筐体にセパレートアンプのクオリティを内在させた“ワンボディセパレート”のコンセンプトにふさわしいプリメインアンプとして、かつてない規模の増幅回路を搭載した高次元の音楽性を獲得しました。ファイナル段にはバイポーラトランジスタによる3段ダーリントン4パラレル・プッシュプル構成を採用。8Ωスピーカー接続時の120W+120Wから、4Ω時の240W+240Wまで、単体のパワーアンプに匹敵する大出力と完全なパワーリニアリティ性能を達成し、エネルギー感あふれる壮大なサウンドを実現しました。

【主な仕様】

定格出力120W+120W(8Ω)
240W+240W(4Ω)
入力感度 / 入力インピーダンスPHONO(MM): 2.5mV / 47kΩ
PHONO(MC-H): 0.3mV / 100Ω
PHONO(MC-L): 0.1mV / 40Ω
LINE: 180mV / 47kΩ
BAL.LINE: 180mV / 55kΩ
MAIN-IN: 1.1V / 47kΩ
出力電圧PRE OUT: 1V
周波数特性PHONO: 20Hz〜20kHz(±0.5dB以内)
LINE: 20Hz〜150kHz(-3.0dB以内)
全高調波歪率0.006%以下(8Ω、1kHz)
0.06%以下(8Ω、20Hz〜20kHz)
S/N比(IHF‐A)PHONO(MM): 87dB以上
PHONO(MC-H): 70dB以上
PHONO(MC-L): 62dB以上
LINE:106dB以上
音量調節LECUA-EX
増幅回路LIFES 1.0
出力構成バイポーラ・4パラレルプッシュプル
電源トランスEI型600VA
ダンピングファクター330(EIAJ電流注入法による)
トーンコントロール最大変化量BASS:±8dB at 100Hz
MIDDLE:±8dB at 760Hz
TREBLE:±8dB at 10kHz
電源電圧AC100V(50 / 60Hz)
消費電力370W(電気用品安全法の規定による)
130W(無信号時)
0.4W(スタンバイ時)
外形寸法440(幅)×193(高さ)×463(奥行き)mm
奥行きは前面ノブ20mm、背面端子37mmを含む
質量29.4kg(本体)
37.1kg(標準梱包)
付属品リモコン(RA-17A)電源ケーブル(JPA-15000 : 極性マーク付)

【LUXMAN L-509Zをもっと詳しく】

ーー公式サイトページへご案内ーー

LUXMAN D-07X/L-509Z

LUXMAN D-07XをAccuphaseのシステム(C-2900+A-80)で試聴した前回のレポートでは、「艶やかで気品に溢れ、繊細で柔らかく、声や楽器の表情を豊かに表現し、日頃、聴きなじんだAccuphaseの音に、若干の太さと柔らかさを加えたように思える」と感じたが、アンプを同ブランドのL-509Zで試聴するとどうであろうか?
L-509Zは、アグレッシブ(攻撃的、挑戦的?)で、鮮度の高い音と評され、L-509Zのカタログには、増幅帰還エンジンLIFESを採用、音質調整部には新機構LECUA-EXを採用、プリアンプとパワーアンプを一体化させ、かつてない高みに到達させたと書かれている。D-07XやL-509Zの単独試聴は難しいが、アンプを変え、それぞれの性能を探ってみることにした。

技術的特徴

【LUXMAN D-07X】
●ローム社製DACチップ BD34301EKVを2基搭載。
●UBS入力:PCM768khz/32bit、DSD22.4Mhz 専用ソフトにより伝送負荷を平準化
●MQA規格に対応
●クロック:発信周波数付近のノイズを限界まで低減する、高精度、低ジッターの超低位相雑音モジュールを2系統搭載
●SACD,DSD再生時に音質を選択可能な2モードのアナログFIRフィルター内蔵
●非対象のレイアウト構造:信号の最短かつ理想的な経路、重量バランス、アナログ回路の為の容量確保
●LxDTM-i構造で、高鋼性とディスクドライブ部分の外来振動を遮断。高精度で安定した信号読み取り性能を実現
●モノラルモードで動作させたDACの出力を、I/V変換とディスクリート部品で構成したバッファー回路により、音楽信号を低インピーダンス化
●可聴帯域外のフィルター処理は、バッファー回路内で行う

【LUXMAN L-509Z】
●増幅帰還エンジンLIFES:増幅回路で発生した歪成分だけを主アンプにフィールドバックすることで、静特性を実現。プリ部、パワー部に搭載
●600VAのEIカスタムトランス。10,000Μf×8本の大容量コンデンサー
●高音質フォノアンプ搭載
●トーンコントロール BASS/MIDDLE/TREBLE
●オーディオ基盤 レジスト被覆を廃する
●ダンピングファクター 330
●LUCUA-EX ボリューム:独立の固定抵抗を電子制御するアッテネーター方式

リファレンス機器

●CDプレーヤー:LUXMAN/D-07X
●プリメインアンプ:LUXMAN/L-509Z
●スピーカー:YAMAHA/NS-5000

LUXMAN D-07X L-509Z 試聴

音の印象

D-07XとL-509Zの組み合わせの音は、クールで音に勢いが感じられる鳴り方。音像のスケールが大きくダイナミックな感じを受ける。音は明瞭で、細部の表現も過不足は無く、ジャズやオーケストラに凄みを感じるが、女性の声や、クラシックのバイオリンやピアノの品性を損なうものでは無い。静寂さや落ち着き感も併せ持っている。この組み合わせは、音に勢いがあるが、決して荒々しい印象ではない。L-509Zの音作りに引きずられているのかなと思う。人が聴いて、心地よいと思う感覚を、知り尽くして設計している。古いジャズには相性が良いようだ。

ジャンル別試聴

-------------------------
1)手嶌葵 Aoi Worksより さよならの夏
--------------------------
音に勢いがあり、低音もしっかり沈み込む。非常に繊細な音で、明るさと音のバランスが見事に調和している。人間にとって聴きやすい音であり、音楽を楽しいと思う感情を分析して作っているよう。YAMAHAのスピーカーからこんな音が聴けるとは思わなかった。NS-5000にはLUXMANが合う。でも前回のAccuphaseのシステム(C-2900+A-80)に比べると、繊細さは落ち、多少、粗削りにはなるような気がする。

-------------------------
2)Sinne Eeg Face The Musicより月光のいたずら
--------------------------
歌手の発声が非常に明瞭で、細やかな表情も過不足なく伝えてくる。チョット粗削りな所がジャズの凄みや迫力に繋がっている。音像のスケールの大きいジャズ。これはこれで、満足のいく鳴り方。試聴レポートで3システムを聴いている中では、一番スイング感を感じる。自然に体が揺れ、躍動感に通じる。 

-------------------------
3)Manhattan Jazz Orchestra SING SING SINGよりSING SING SING
--------------------------
低音の量感がたっぷりで、ジャズバンドの迫力を感じる。各楽器の表現は明瞭で、ダイナミックなスケール感の中で奏でられる。各楽器の再現は十分な表現力を感じ、空間の中に各楽器の演奏が浮かび上がる。聴いていて楽しいジャズ。より繊細で、ダイナミックレンジの取れた機器もあるが、バランスの取れた鳴り方。

-------------------------
4)Beethoven:The Violin Sonatas Sonatas5
--------------------------
音に勢いがある。バイオリンやピアノの品性はそのままで、音が、生々しいと感じる。高域から低域までバランス良く、バイオリンの音の質感やピアノの鍵盤を指が転がるような雰囲気も明瞭で、音楽の厳粛さを生き生きと組み立てている。繊細な音にも長けている。

-------------------------
5)Mussorgsky 展覧会の絵 よりプロムナード、こびと
--------------------------
やはり音にエネルギー感がある。オーケストラの厳粛性や迫力を感じる。各々の楽器は分離独立しながら見事に調和して演奏され、音楽の芸術性を高める。各楽器の質感の再現性も高い。ベートーベンや、マーラー等のシンフォニーの、スケール感やダイナミックさを追求するものには、この組み合わせが良いように思う。決して艶やかで滑らかな音では無い。

レポートページへ

2024年6月(2) LUXMAN/L-509Z 試聴レポート

最新試聴レポート 一覧ページへ