オーディオとホームシアターの専門店 in 静岡

【営業時間】10:00~19:00

【定休日】毎水曜/第2・3木曜

ortofonオルトフォン MC Q30S カートリッジ

87,728  (税込)
ortofon-MC Q30S
+

ortofonオルトフォン MC Q30S カートリッジ
標準価格:95,000円/税抜き
MSQ30S針交換(ユニット交換)62,000円/税抜き

■送料のご案内:無料にて承ります。
※沖縄県・離島のお客様の送料は別途お見積もりさせていただきます。
こちらの商品は店頭と併行での販売商品の為、在庫切れの場合は、メーカーより入荷後発送致します。予めご了承下さいますようお願い申し上げます。

【主な特徴】
1978年の初代 MC30発売以来、代々の「30」は同時代の上級ラインのカートリッジで得られた技術をいち早く取り入れ、ハイスペックかつコストパフォーマンスにも優れたシリーズとして伝統を積み重ねてきました。
「MC30」を冠するモデルとしては6代目であったMC Q30は、本シリーズでは初のシバタ針スタイラス/ボロンカンチレバーの採用によりオルトフォンが考える現代の Hi-Fi サウンドを体現したものとなりましたが、昨今の世界的なボロン材の希少化に伴い本シリーズでの使用が困難となったため、カンチレバー素材の変更を余儀なくされました。
これに対しオルトフォンは長年蓄積してきた技術とデータを元に検討を重ね、その結果としてボロンはもちろん、MC・Cadenzaシリーズのカンチレバーとして採用されているルビーとも近似した性質と、またボロン以上の剛性を誇るサファイアを採用。
オルトフォンのカートリッジにおいては既に MC5000(1990 年発売 ) にサファイア・カンチレバーが採用されており、かつてのフラッグシップクラスを彷彿とさせるサウンドの「30」シリーズが誕生したとも言えるでしょう。
「MC Q30S」は、MC Q30によって現されたオルトフォンの理想とする現代型サウンドを忠実に引き継ぎつつもそれに甘んじず、豊富なノウハウを活用することで生まれた「30」シリーズの7代目です。シバタ/サファイアのもたらす、極めてクリアな Hi-Fiサウンドをお楽しみください。

【主な仕様】
●出力電圧(1kHz、5cm/sec.):0.3mV
●チャンネルバランス(1kHz):1.0dB以内
●チャンネルセパレーション(15kHz):15dB以上
●周波数特性:20Hz-25,000Hz@-3dB
●トラッキングアビリティー(315Hz、水平):80µm
●水平コンプライアンス:15µm/mN
●スタイラスタイプ:シバタ針
●スタイラスチップ半径:r/R 6/50µm
●カンチレバー素材:サファイア
●適正針圧:2.3g
●トラッキング角度:20°
●内部インピーダンス:5Ω
●推奨負荷インピーダンス:20Ω以上
●コイル線材:Aucurum
●カートリッジシェル素材:合成樹脂
●自重:9g