DS AUDIO DS-E1 価格お問合せ

お見積りフォームへ

DS AUDIO
DS-E1
光カートリッジ
CR¥110,000税込
EQ¥110,000税込

特価お見積り
※専用イコライザーが必要となります
DS-E1カートリッジ DS-E1イコライザー
DS AUDIO-DS-E1
ご指定のオプションでは在庫がありません

■■価格お見積り商品です!!

DS AUDIO DS-E1 光カートリッジ入門モデル
DS-E1カートリッジ:110,000円(税込み)
DS-E1イコライザー:110,000円(税込み)

※光カートリッジ専用のフォノイコライザーが必要となります。
詳しくは公式サイトでのご確認をお願いいたします。

■送料のご案内:無料にて承ります。佐川急便にて玄関先でのお渡しとなります。
※沖縄県・離島地域のお客様は送料別途お見積もりさせていただきます。

ご購入のご相談お問合せ承ります。
お見積りフォームよりお問い合わせをお願いいたします。

--AVBOXは正規取扱販売店です--

【主な特徴】
光カートリッジの普及を目指し開発されたDS Audio初のエントリーモデル
エントリーモデルとはいえ、上位機種と同設計のワイヤーサスペンション機構を搭載し、高いチャンネルセパレーションかつ安定した音楽再生を実現。スリットの位置を針先に近い位置に配置し、より鮮度の高い情報の取り出しが可能になりました。

【主な仕様】
●DS-E1 カートリッジ
・発電方式:光電型
・チャンネルセパレーション:24db
・質量:8.1g
・出力電圧:500mV以上(イコライザー出力)
・カンチレバー:アルミ
・ボディ材:アルミ削り出し
・針圧:1.6~1.8g(1.7g適正)
・針先:楕円
●DS-E1 イコライザー
・定格出力電圧:500mV(1kHz)
・出力インピーダンス:120Ω
・入力電圧:RCA端子
・出力端子:RCA端子(2出力をスイッチにて切替)
・サイズ:横20cm高さ7cm奥行き16cm
・質量:1.4kg

『DS-E1』をもっと詳しく!DS AUDIO オフィシャルサイトへ

今回は、近年発売された「MCカートリッジ」「光カートリッジ」を比較試聴してみた
■DS Audio DS-E1
とにかく、鮮明な表現。レコードに記録されたデーターを全部ピックアップしてくる様。 一音一音が明瞭で分解性高く、エネルギー感が強い。しかし、不自然な感じは受けない。 しっとり感や落ち着き感とは違っているが、生々しさや迫力を求めるなら、群を抜いている。 ジャズやロックの様に、音を体で浴びたい音楽には大いに適性がある。グレングールドの唸り声が初めて明瞭に聴けた。
■適応ジャンル
DL-103R、 VAN DEN HULはオールマイティ。光悦は、クラシック、DS E-1はジャズ、ロック系と思われるが、組み合わせる機器により、適性は変わる。
■ジャンル別試聴
1.荒井由実:レンジ広く、定位が正確。音に若干の厚みがある。ボーカルが空間に浮かび上がり、陰影が深い。 エネルギー感があるが、不自然ではない。再現情報が多い。
2.ゲイリー ピーコック: 演奏のエネルギー感がすごい。音が鮮明でクリア、空間的広がりが大きい。 エネルギー感は普通のカートリッジより大きいのではないか。とにかく音が鮮明。落ち着いた音も欲しいが?  リアル感を求めるのなら、ベースの音が生々しく出てくる。ノイズも出てくる。
3.グレングールド:音が鮮明で、エネルギーにあふれている。一音一音の分離良い。グールドの唸り声が聞き取れる。 重低音の再現性良い。音圧が非常に高い。しっとり感とか、落ち着き感は無い。とにかく鮮明な表現を求めるなら十分な性能を持っている。
4.ピエールブレーズ: 音が鮮明、分離感が素晴らしい。演奏会場の広がりを感ずる。演奏が生々しい。オーケストラの核楽器のパートの演奏が浮かび上がる。オーケストラを眼前で聴いている様で、会場の音圧を感じる。
■全文は 試聴レポート2021年5月(2)号をご覧ください

----------------------------------
【DS-E1+DSE1イコライザー+アキュフェーズ C-2850+A-75+YAMAHA NS5000】 の組み合わせで試聴しました
1) 荒井由実 ミスリム「海を見ていた午後」 光カートリッジは非常に敏感で、レコードに刻まれた音を、全て出してくる様だ。非常に鮮明で、ワイドレンジ。エネルギー感もあり、音の浮き上がり方も良好、ただ、ノイズも出る。  バド パウエル THE AMAZING BUD POWELL 1「UN POCO LOCO」古い録音が、リアリティをもって再現される。音が生々しく、生き生きとしている。シンバルの金属音が生々しく迫り、ピアノの硬質感も出る。
2) 山本剛 MISTY「BLUES」感度高く、非常に生々しい。低音から高音までバランス良く、力強い音が出る。クリヤーで音の分離良い。1~2枚ベールが剥がれた様。 ブレンデル クリーブランド SQ 「鱒」 元気な音だが、クラシックの格調の高さは備えている。楽器の分離は非常に良い。ピアノや弦楽器の質感も良く出る。低域から高域まで、不足感ない。
■全文は 試聴レポート2019年4月号をご覧ください
----------------------------------