Accuphase DP-450 価格お問い合わせ

お見積りフォームへ

Accuphase
DP-450
CDプレーヤー
¥396,000税込

特価お見積り
Accuphase-DP-450

■■価格お見積り商品です!!

Accuphase DP-450
高い性能と音質を実現したCD専用プレーヤー
標準価格:396,000円(税込み)

--------------------------------
静粛性を高めた新開発のドライブ・メカニズムを搭載 
-------------------------------------

■送料のご案内:無料にて承ります。佐川急便にて玄関先でのお渡しとなります。
※沖縄県・離島地域のお客様は送料別途お見積もりさせていただきます。

ご購入のご相談お問合せ承ります。
お見積りフォームよりお問い合わせをお願いいたします。

--AVBOXは正規取扱販売店です--

【主な特徴】
●アキュフェーズ伝統の技に、回路・機構面とも先進のテクノロジーを結集。
●CDソフト・ハイレゾ音源・デジタル・ソースの音楽情報を高品位に再生。
●トランスポート:静粛性を高めた新開発のドライブメカ「弾性ダンパー」により防振性能を高め、高性能ネオジムボンド磁石を採用し、ターンテーブルとディスクを均等且つ強固に固定し面ブレを低減。このような高精度「CD専用ドライブ」により、ディスクに刻まれたデジタル信号を、より高い精度で読み取ることが可能。
●デジタル・プロセッサー:高性能ESS社製DAC:ES9026PROを4回路並列駆動した、独創的な「MDS+再生方式」を搭載し、低雑音化やダイナミック・レンジの向上など、諸特性を大幅に改善。
●デジタル入力端子:同軸、光、USB(PCM:384kHz/32bit、DSD:11.2MHz)

【主な仕様】

読み取り方式 非接触光学式
レーザー・ダイオード 発光波長 790nm
レーザー・クラス クラス1レーザー機器(IEC 60825-1)
トランスポート出力 ・OPTICAL  フォーマット:JEITA CP-1212 準拠
・COAXIAL  フォーマット:IEC 60958 準拠  
ディジタル入力 ・USB USB2.0 ハイスピード(480Mbps)準拠 USB2.0タイプ Bコネクター付ケーブル
・OPTICAL  JEITA CP-1212 準拠  JEITA 規格光ファイバー・ケーブル
・COAXIAL  IEC 60958 準拠  75Ω同軸ディジタル・ケーブル
サンプリング周波数 ・USB:DSD 2.8 / 5.6 / 11.2MHz(11.2MHz:ASIO のみ)1bit
・USB:PCM 32 / 44.1 / 48 / 88.2 / 96 / 176.4 / 192 / 352.8 / 384kHz 16~32bit
・OPTICAL:PCM 32 / 44.1 / 48 / 88.2 / 96kHz 16~24bit
・COAXIAL  PCM 32 / 44.1 / 48 / 88.2 / 96 / 176.4 / 192kHz  16~24bit
D/Aコンバーター 4MDS+方式
周波数特性 0.7~ 50,000Hz +0、‒3.0dB
全高調波ひずみ率+雑音 0.0008% 20 ~ 20,000Hz間
S/N 119dB
ダイナミック・レンジ 116dB
チャンネル・セパレーション 113dB (20 ~ 20,000Hz)
出力電圧・出力インピーダンス ・BALANCED  2.5V 50Ω  平衡 XLRタイプ
・LINE  2.5V 50Ω  RCAフォノジャック
出力レベル・コントロール 0dB ~ ‒60dB  1dB ステップ  ディジタル方式
電源 AC100V  50/60Hz
消費電力 11W
最大外形寸法 幅 465mm × 高さ 151mm × 奥行 393mm
質量 13.7kg

ご予約前のご相談、お問合せはお見積りフォームを是非ご利用ください。
お電話でも承ります。054-284-1300(10:00~18:00/水・木定休)

--AVBOXは正規取扱販売店です--

2021年7月試聴レポートより抜粋
アキュフェーズ CDプレーヤー3機種聴き比べ「DP-450 DP-570 DP-750」より抜粋              

音の印象 
TVの画面で言えば、液晶ハイビジョンの様で、音色はDP-750とイコールであるが、音の細部や鮮度の表現、演奏会場やライブハウスの空気感は、後退する。リファレンスシステムは、非常にセンシティブな機材を使っているので性能差が際立つが、DP-450と相応しいアンプやスピーカーと組み合わせることにより、アキュフェーズの音色を十分に味わえると思う。

フォルム
アキュフェーズのすべて機種に共通してるが、オーソドックスなデザインとシャンペンゴールドが上品で飽きずに惑わされること無く、所有していることへの満足感が高いと言える。

適応ジャンル
オールマイティ あえて言えばクラシック

リファレンス機材
プリアンプ:Accuphase C-2850
パワーアンプ:Accuphase A-75
スピーカー:YAMAHA NS5000

ジャンル別 試聴レビュー
1)VOCAL
DP-750に近い音。空間表現が後退する。レンジ感が狭くなる。DP-750に比べて情報量が少なくなる。
2)JAZZ VOCAL
落ち着きのある表現。録音の良いCDは、十分満足感が得られる。穏やかな、エネルギー感を感ずる。
3)JAZZ
平面的だが、楽器の質感は良くわかる。ジャズも静かになる。躍動感は若干おとなしくなる。しかし、楽器の分離、空間表現は良好。
4)CLASSIC PIANO
クラシックが生き生きと鳴る。落ち着きと若干の華やかさを持っている。ある程度の森厳な雰囲気を感ずる。過不足なく聴けるレベル。
5)CLASSIC VIOLIN
DP-450 音楽の表現は、DP-750に近い。しかし、細部の表現は、若干、粗くなるが決して不満足なレベルでは無い。クラシックの表現に向いている。

まとめ
アキュフェーズの製品でも、特色の持たせ方が大きく違う、というのが新たな発見でした。アンプやスピーカーを選定していく場合、音質の差を理解したうえで組み合わせる必要があるでしょう。今回はアキュフェーズブランド単体での試聴比較となったので、価格による音質差に重点がいったようです。同じ価格帯の他社製品との比較なら、製品の位置付けや、特色がもっと分かりやすいと思う次第であります。それにしても、DP-430からフルモデルチェンジし新開発のドライブメカニズムを搭載したCD専用プレーヤー「DP-450」は価格を上回る十分な満足感を得られる製品ではないだろうかと思います。展示があるのでAVBOX まで足を運んで是非聴いてみてください。
Accuphase CDプレーヤーレビュー

アキュフェーズ CDプレーヤー3機種聴き比べ 試聴レポート~お客様より~2021年7月ページへ

試聴レポート一覧ページへ